今日は三ノ宮ウッドベース教室をご紹介します!

社会人の女性の生徒さんが、三宮駅近くのスタジオで出張ウッドベース教室を体験されました。

クラシックのピアノのご経験があるそうですが、ジャズもお好きとのことで、ライブもよく見に行かれるそうです。

ウッドベースの音に憧れて、やってみたくなったとのこと。

また、ジャズボーカルも習っているので、歌を歌いながらベースを弾く、エスペランサ スポルディング さんのようなスタイルを目指したいとのこと。

コードなどの理論も習って、ジャズボーカルのスキャット、フェイクにも役立てたいとのこと。

女性の方には弦を押さえるのに力が必要で、習い始めは苦労するウッドベースですが、早く慣れて、好きな曲を楽しんで弾けますよう、応援しております!

 

深くて心地よい響きの音色を持つウッドベースですが、名前を聞いてもピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんね。

ジャズではウッドベースと呼ばれることが一般的ですが、オーケストラの中のコントラバスと言った方が分かる方が多いかもしれません。

ウッドベースもコントラバスも呼び方が違うだけで、同じ楽器です。

ちなみにチェロとも混同されがちですが、簡単に言うと、チェロは背負えるサイズですが、ウッドベースはさらに大きい弦楽器です。

形もウッドベースはなで肩なので、一度覚えるとすぐに区別がつきます。

漠然と、床に立てて弾いている大きなバイオリンがカッコイイ!と思ってらしゃる方は、一度、ご自分がチェロが好きなのかウッドベースが好きなのか、チェックしてみてください。

ウッドベースは本当に大きくて、購入するのも、持ち歩くのも、大変な楽器ですが、今はエレキアップライトベースと呼ばれる、お手軽なものもあります。

電子ピアノのウッドベース版のようなもので、レッスンの受講からライブ、自宅での消音練習まで可能ですし、最近の製品はクオリティも高いので、音にも満足していただけると思います。

ウッドベース、コントラバスに興味があるけれど、サイズや練習場所の問題で敬遠されていた方には、トホゼロがおすすめ!

アレキアップベースへの対応や、ご自宅での出張レッスンなど、柔軟に対応させていただきます!

 

 

 

*トホゼロ / ウッドベースコースはこちら→ ウッドベースコース

*体験レッスンのお申し込みはこちら→ 体験レッスンお申込フォーム

*WEBからのお問い合わせはこちら→ お問い合わせフォーム