ボーカル・ボイストレーニング

 

皆さんこんにちは!トホゼロボーカル講師の大谷です!

歌うこと、楽しんでますか?

さて、今回のコラムでは、歌を歌う上で一番基本的なことを書かせて頂きます!

皆さんは、歌を歌う時に基礎として、何が大切だと思われますか?

だいたいの方は腹式呼吸!とおっしゃるんじゃないでしょうか。

そう!この腹式呼吸なんですが、みなさん!

小学校~高校までの音楽の授業では

とにかくお腹から声を出せ!といわれ続けてきた方、多いと思います。

僕ももれなく、音楽の先生に言われ続けてきましたし、

そういう腹式呼吸の練習用の曲を歌わされたりもしました。

で、一生懸命練習して、よし!いい声が出てると先生に誉められた!

じゃあカラオケにいって早速、あの大好きな曲を練習しよう!

…あれ?なんか思うように歌えない…?

音楽の授業ではすごくいい感じに歌えてたのに、

カラオケで歌うとなんだかすっぽぬけた感じになったり、

うるさくなっちゃうぞ?

あの歌手みたいに歌えない!あの素敵なバラードを色っぽく歌えない!

なぜだー!

となった方、いると思います。

そうなんです!

実は歌は、腹式呼吸だけでは歌えないんです!

もちろん腹式呼吸は歌うのに欠かせないものなんですが、

それ一辺倒では歌えないんです!

むしろ、たまに少し邪魔になったりもします。

えー!と思われる方、多いと思いますが、

腹式呼吸とは何かということをここで少し考えてみましょう。

腹式呼吸とは、肺の下についている筋肉、

横隔膜という筋肉を意識的に多用して呼吸する

呼吸法です。

普通僕らがしている呼吸も横隔膜を使っているんですが、

腹式呼吸というのはこの横隔膜を大きく動かして、

深く息を吸ったり、勢いよく息を吐いたりする呼吸法なんですね。

実はこの呼吸法、ふだん誰もがやっている呼吸法です。

眠っているとき、起きてる時よりも深く息を吸ったり吐いたりしますね。

あとくしゃみをするとき、大きく深く息を吸って、勢いよく息を吐いて

くしゃみをしますね。咳をするときもそうです。

咳をするときに、おへその辺りを触ってみてください。

息を吸ったときにお腹がふくらみ、咳をしたときにお腹がへっこむと思います。

これが腹式呼吸です。

これは横隔膜が大きく動いて、呼吸を大きくしているんです。

咳やくしゃみというのは、思いがけず大きな音が出てしまいますよね。

この、大きな音を自在に出すための呼吸法が腹式呼吸です。

お腹が膨らむほど大きく息を吸い、瞬時にお腹がへっこむほど

強く息を吐いて、『ハッ!!』と声を出すと大きな声が出たりします。

腹式呼吸で声を出すとこのように大きな声がでるのですが、

それを使って歌うと、大きな声で歌えるようになるんですね。

この大きな声で歌えることを俗に声量があるといわれ、

絢香さんやSuperflyなど、歌がうまいと言われる人はみな声量がある

人が多いです。

では、この腹式呼吸を使うとみんな絢香さんみたいに歌えるのか?

答えはノーです!

近いニュアンスは出るんですが、何故か同じようにはならない…

何故か?

それは体の振動が足りてないんです!

腹式呼吸では、体の振動を充分に作ることができないんですね。

遠くに声が届いたり、大きな声が出るのが腹式呼吸ですが、

絢香さんのように、時には優しくささやいたり、

落ち着いた声がでないのが腹式呼吸の弱点です。

ではどうしたらいいのか。

まずは大きく声を出すのをやめましょう!

歌を歌うのに、一番いいのは、まず腹式呼吸をやめてみることです。

意外だと思いますが、腹式呼吸というのは、

実は古い発声方法でして、電気が発明される前の歌い方なんですね。

電気がない時代、当然マイクやスピーカーもありませんでしたので

3000人が入るような大きな会場で歌うときは、人力で会場の

隅から隅まで声を届ける必要があったのです。

それをするのに、腹式呼吸が必要ということだったんですね。

それをやるとどういう声になるか。

知っての通り、オペラや合唱のような声になり、最悪、応援団のような声になります。

そんな声ではJ-POPなどは歌えませんね。

マイクを使うときは、電話でよそゆきの声で話すようなトーンで、話しをするのと同じようなボリュームで歌ってみてください。

次に、肺の上辺りに手をあて、同じように歌ってみてください。

胸に置いている手に振動を感じたはずです。

これを声楽用語で胸声、英語でチェストボイスといいます。

このチェストボイスは、実はただ腹式呼吸だけで歌うよりもずっと、

深くてマイク通りのいい声になります。

つまり声量があがります。

絢香さんやSuperflyなど、声量があるシンガーはみんな

このチェストボイスで声量を作っています。

なので、

①電話の時のように話すように歌う。

②胸に手を当て、胸の振動を感じながら歌う。

(チェストボイス)

この2つで、あなたの歌はものすごく変わります!

憧れのあのシンガーに近づけること間違いなし!

他にもたくさんそういうテクニックがありますので、

是非またこのコラムをチェックしてみてください!

次回もお楽しみに!!

ボーカル・ボイトレ講師 大谷

 

*トホゼロ / ボーカル・ボイトレコースはこちら→ ボーカル・ボイトレコース

*体験レッスンのお申し込みはこちら→ 体験レッスンお申込フォーム

*WEBからのお問い合わせはこちら→ お問い合わせフォーム