大和郡山市でバイオリンの出張&オンラインレッスン!
回数自由!30分から好きな長さで!

大和郡山市のバイオリン教室について

ABOUT

大和郡山市でバイオリン教室・バイオリンレッスンをお探しならトホゼロにお任せください!

経験豊富なバイオリニストによる「出張レッスン」や「オンラインレッスン」を受講いただけます。

お子様や未経験の方はもちろん、部活動で経験のある学生さんや社会人の方にもおすすめ!


【POINT 1】入会金不要

かかる費用は受講する分のレッスン料のみ!入会金や会費は発生しません!

【POINT 2】30分から希望の長さで

レッスンの長さは、30分から10分刻みで選択可能。ご都合・レベル・ご年齢などに応じて、講師とご相談いただけます。

【POINT 3】単発もOK!予約も簡単!

1ヶ月当たりのレッスンの回数は自由なので、お仕事が忙しい時や学校のテスト前は減らしたり、余裕のある時は増やすなど、ご自身のペースで受講していただけます。

【POINT 4】キャンセルや変更も安心

レッスンのスケジュールは、講師と相談しながら決めていきます。
予約確定後でもレッスンの開始時刻の24時間前までは無料でキャンセル可能です。

【POINT 5】審査をクリアした講師たち

講師は、厳しい審査基準をクリアした現役のバイオリン奏者が担当します。
経験豊富な優しい講師ばかりなのでご安心ください。

【POINT 6】目的に合わせたレッスン内容

レッスンのカリキュラムは、個々のレベルや目的に応じて講師が組んでいきます。
趣味で楽しみたい方からプロ志望の方まで、お子様からシニアの方まで、幅広い生徒様に受講していただけます。
また、クラシック、ポップスなど、様々なジャンルにも対応可能です。ヴィオラのレッスンをご希望の方もご相談ください。

大和郡山市のバイオリン教室 受講の流れ

FLOW

大和郡山市のバイオリン教室【対面レッスンの講師】

TEACHER
現在、掲載調整中のため「講師調整リクエスト」からお問合せください。

ご希望に合う講師がいない場合は・・・

お探しの条件をリクエストしてください。掲載されていない講師の確認をさせていただきます。

大和郡山市のバイオリン教室 レッスン場所

PLACE

大和郡山市でご希望の場所があれば、講師へご相談ください。
「ご自宅」「スタジオ」「カラオケ」「マンションの集会所」「職場」「学校」など、講師の移動圏内であれば、ご希望の場所へ伺わせていただきます。

【参考】大和郡山市周辺の外部の施設

  • 只今登録されていません。

大和郡山市のバイオリン教室【オンラインレッスンの講師】

ONLINE

対面レッスンの講師がいない場合や、ご希望に合う場所が無い場合は、【オンライン】バイオリンレッスン もご検討ください。

オンライン

Hiroco

体験レッスン 30分 1000 円   
通常レッスン 30分 3900 円~
オンライン

yurino

体験レッスン 60分 1700 円   
通常レッスン 30分 900 円~

大和郡山市のバイオリン教室 レッスン内容

CONTENTS
レベルやご希望に合わせたカリキュラムで個々のペースで受講していただけます!

バイオリンってどんな楽器?

クラシックからポピュラー音楽まで幅広いジャンルで演奏される楽器です。昔からピアノの次に習い事として人気だったバイオリンですが、楽器の値段が高く、敷居も高いイメージがあったのも事実です。しかし最近では安価な楽器も増えて始めやすくなった事から、年齢問わず人気が高まって来ています。お子さんの場合は体の成長とともに楽器もサイズアップしなければいけませんが、トホゼロなら格安でレンタル可能です!

ヴィオラについて

バイオリンよりも一回り大きく厚みがあり、豊かな低音と暖かみのある響きが特徴です。クラシックからポピュラー音楽まで、幅広いジャンルを演奏したい方にはオススメの楽器です。奏者の人口が比較的少ないため、人とは異なる習い事をしたい方にもオススメです。

どんな事が習えるの?

楽器について / 楽譜の読み方 / チューニング / 姿勢 / ポジショニング / 運指 / ビブラート / 重音 / ボーイング / フラジオレット / ピチカート / コル・レーニョ / スル・ポンティチェロ / スル・タスト / スケール / リズムトレーニング / アンサンブル / 様々なジャンル / 音楽理論 など

こんな方にもおすすめ!

  • *押し入れに、昔習っていたヴァイオリンが眠っている方
  • *弓を扱ってみたい方
  • *優雅な演奏に憧れる方
  • *クラシックもポピュラー音楽も弾いてみたい方

大和郡山市のバイオリン教室 コラム

COLUMN
  • こんにちは。ヴァイオリン講師の橋本です。 今回ご紹介するのは、発表会前などに生徒さんからよく耳にする「人前で弾くのが嫌。緊張する。」ということについて触れたいと思います。 緊張すること 日頃、私達が練習する場所は、自宅やスタジオの中だと思います。 もちろんその環境は舞台の上とは異なりますので、本番は緊張して当然だと思います。 しかし緊張すること自体は悪い事とは限らないと私は考えています。 人前で演奏するときは、手も震え、場合によっては足も震える方もいると思います。 良い演奏をしたい、そして間違えないように弾こうとする思いは、決して悪いことではありません。 大事なのは、そう思っている自分を否定せず逃げず、その気持ちを素直に受け入れ大事に思ってあげてほしいと思います。 楽器を弾くという奇跡 私が学生の時、緊張することがとても嫌で逃げたいという思いがありました。 演奏に評価もつくので本当に緊張しました。 そしてその時は楽しむという事も忘れていましたが、人前で弾く機会が増えるたびに、その意識は変わりました。 それは、プロであってもアマチュアであっても同じ事だと思いますが、まずは楽器を手に取っている喜びを感じる事が大切だということに気づいたのです。 楽器を持ち、音を奏でる事ができるというのをごく自然に当たり前のように考えてしまいがちですが、私は奇跡だと思っています。 「ユバル」という奏者が、初めて楽器を弾く者の祖先となったと記してある書物がありますが、何十年何百年以上も前から人々が弾き続けている楽器を、現代の私達が手に取り奏でる事ができるのは素敵な事だと思いませんか? 時代が変わっても音を奏でるということは何も変わっていないのです。 それほど音楽を聴くこと、奏でることが大切にされ続けてきたのです。 信じること 私はこれまでに生徒さんのための発表会で沢山の奇跡を見てきました。 本番の時にしか働かない力もあり、それは私や生徒さん自身も想像していなかった音を出す事もあります。 私はそのとき人間の持つ可能性や集中力だけでなく、楽器のほうからも答えてくれる事があるという事に感動をするのです。 その奇跡の形はそれぞれ違いますし、いつそれが表れるかも分かりません。 しかし、緊張することから逃げずに向き合うことによって、必ず私達の心は変えられると信じています。 そして、これまでに何度か、舞 続きを読む…

  • こんにちは。ヴァイオリン講師の橋本です。 今回のコラムでは、レッスン中に受けた質問と普段感じていることをまとめてみましたので、ぜひ読んでみてください。 目標を明確にすること 『一日に何分ぐらい練習したらいいのでしょうか』というお声を聞きます。 どの練習でも同じだとは思いますが、これは年齢や経験年数によっても違いますし、目標によっても異なると思います。 何分間という時間設定も大切ですが、それよりはむしろ、「目標・手段」を明確にすることが何においても重要なのではないでしょうか。 例えば、今の目標が次の発表会で10分間の曲を演奏するとします。 そのために、どんな手段を使うのかはそれぞれ違うと思います。 一日24時間というのは、全ての人において同じですが、その生活のリズムは違います。 ヴァイオリン練習のために費やせる割合も優先順位も違います。 限られた時間の中で、どう工夫してどんな手段を使うかは、それぞれ違いますので、生徒さんと相談しながら一緒に練習方法を考えています。 目標は一つとは限りませんし、その都度練習の仕方を工夫する必要があります。 この目標と手段がはっきりしていれば、練習というのは本当に楽しい時間になることでしょう。 ヴァイオリンを1つの手段として 私が素晴らしいと思っていることは、習っている現在や習う前の時点では見えない事であったとしても、結果的にヴァイオリンを弾くということが、自分の「目的」のための「目標」や「手段」になるかもしれないということです。 何か結果が出てから、あとから気づかされる事もあるでしょう。 このような 目的、目標、手段という言葉を使うと大袈裟と思われる方もいるかもしれませんが、私は決してそうは思いません。 ここでは書くことは控えますが、私の目的は音楽とは関係のないことです。 しかしそのための目標や手段には、ヴァイオリンは必ず必要です。 ヴァイオリン講師にとって、生徒さんと自分の目的等をシェアすることはとても大切なことです。 講師と生徒という関係ではあっても、あまりそれにとらわれ過ぎず、生徒さんからの思いを聞きたいと思っている講師は沢山いると思います。 表面的なテクニックは個人の練習や学びが必要ですが、内面的な事に寄り添い、必要な事をアドバイスするには会話をすることから始まると考えています。 ヴァイオリンを今弾いている方は、今よりももっと 続きを読む…

  • こんにちは。ヴァイオリン講師の橋本です。 現在、私はヴァイオリン講師として、またヴァイオリン奏者として音を出す喜びを伝え、言葉では伝えることの出来ない想いを運ぶ奏者として日々働いています。 仕事がない日は、自分の練習をすることや曲を作ることがほとんどですが、最近は、趣味の時間もとても大切にしています。 これは、どの職業でも同じ事だと思いますが、効率よく、尚且つ糊代を残しながら働くためには、とても重要なことだと思っています。 今回のコラムでは、生徒さんからよくあるご質問や感じたことをいくつかご紹介いたします。 何歳から始めるのが良いですか? 『ヴァイオリンは、何歳から始めるのがいいのか?』 『この年齢では遅すぎるのではないでしょうか?』 といった年齢に関するご質問はとても多いです。 私は常に「始めたいと思った時が一番良い年齢」だとお伝えしています。 もちろん弾きたいと思ったきっかけや目的は皆さん違った理由でしょう。 しかし、年齢よりも大切なことは、ヴァイオリンを大切に思う気持ち、好きだという気持ちが重要だということです。 もし今ヴァイオリンを習いたいけれど、年齢のことで迷っておられる方がいるなら、どうか迷わずヴァイオリンの門を叩いてみてください。 きっと新しい出会いがあります。 音感が無いのですが・・・ 次に音感がないと言ったお声も多く受けます。 先ほどの質問と違って、この音感というのは目で見えるものでもありませんし、測定できるものでもありません。 つまり、何をもって音感がないと判断出来るのかと、という指標はないのです。 少なくとも私がこれまでに出会った生徒の中で、音感がないと感じた事は一度もありません。 音楽というカテゴリーにとどまらず、今まで触れてきたもの、見てきたもの、感じてきたもので養われていくと思うのです。 音感に関して心配している方にお伝えしたいです。 どうか、恐れず自分の感覚を発揮してください。 きっと面白い発見があると思います。 ヴァイオリンって高い? 紹介するご質問の最後は、ヴァイオリンの値段に関するものです。 おそらくヴァイオリンは高価なイメージを持っていらっしゃる方が多いと思いますし率直に言いますと、 「はい。値段は高いです。そしてメンテナンスにも費用は必要です。」 というのを必ずお伝えしています。 そもそもヴァイオリンが完成するまでの工程や、 続きを読む…

大和郡山市でバイオリン教室の講師募集中!!

大和郡山市のバイオリン教室

STATION