富田駅近くのカラオケで出張アコースティックギター教室でした。

今回は小学3年生の女の子とお母さんの2人でのグループレッスン。

2人ともギターは初めてとのこと。

まずは、TAB譜の見方を説明。

それから「カエルの歌」をお母さんがメロディ、子供さんはコードで練習。

これが出来るようになると、2人で合奏出来ますね。

どちらも出来るようになると、役割を交代する事も出来ます。

家で親子で演奏するのも楽しそうですね。

最近は、ミニギターというものがあり、一般的なギターよりも小さくて、

持ちやすく、弦を押さえやすくなっているので、子供さんに人気です。

今回の体験レッスンでも、お母さんは普通のギター、子供さんにはミニギターを

レンタルしていただきました。

早く2人で色んな合奏ができるといいですね!

 

ギターをやったことがない方にとって

TAB譜という言葉は、ほとんど聞いたことがないですよね。

音楽で習う五線譜と異なり、TAB譜はギター専用の譜面です。

五線譜の5本線が音の高さを示すのに対し、TAB譜の線は6本あって、

それぞれが6本のギターの弦を示しています。

この線の上には音符ではなく数字が書かれてあり、どの弦のどの場所を

押さえるのかが図解のように分かりやすくなっているのです。

楽譜の見方が難しいと感じる方でも、ギターのTAB譜なら

シンプルで分かりやすい!と思えるかもしれません。

音楽の授業が苦手だったので、憧れのギターも遠慮していたという方がいましたら、

諦めずに挑戦してみませんか?

トホゼロの講師が一から優しくお教えします!

手が小さくてコードを押さえるのが大変でやめてしまった、という方には

ミニギターもおすすめ!

ぜひ一度、トホゼロにお問い合わせください。

 

 

*トホゼロ / アコースティックギターコースはこちら→ アコースティックギターコース

*体験レッスンのお申し込みはこちら→ 体験レッスンお申込フォーム

*WEBからのお問い合わせはこちら→ お問い合わせフォーム