梅田駅前のスタジオで出張アコースティックギター教室でした。

高校生からギターを始めて、現在は友人とバンドを組んでいるという社会人の生徒さん。

必殺技が欲しいということで、「スラム奏法」という奏法を習いたいというご要望でした。

ギターを打楽器のように扱いながら弾くという奏法です。

講師は、スラム奏法以外にもベースのスラップのような奏法も伝授。

派手な奏法なので、横で見ているスタッフもとても楽かったと言っていました。

アコースティックギターは持ち運びもしやすいので、

いろいろな場所で披露出来るようになると良いですね。

 

「スラム奏法」は「タッピング奏法」や「叩き系」とも呼ばれます。

この奏法を使っていて有名なギタリストさんといえば、

私は押尾コータローさんが思い浮かびます。

温かみがあって、素敵な曲が多いですよね。

 

アコースティックギターの色んな技を増やしたい方、

ぜひ、トホゼロでアコースティックギターコースを受講してみませんか?

 

*トホゼロ / アコースティックギターコースはこちら→  アコースティックギターコース

*体験レッスンのお申し込みはこちら→ 体験レッスンお申込フォーム

*WEBからのお問い合わせはこちら→ お問い合わせフォーム